エッセンシャルオイルと放射能~私がエッセンシャルオイルを使うワケ~

衝撃的な写真に言葉を失った

今日は、SNS上で目に留まったブログ投稿の写真に言葉を失いました。

2011年に起きた東日本大震災。

そこから一気に注目を浴びた「放射能」についての内容です。

※衝撃的な写真ですが、ご理解の上でご覧ください。

放射能は一体どのような影響を身体にあたえるのか?(Kaneko Kayoさんの記事を掲載)

この写真を見た時、投稿を読みながら、手が震え、涙が出てきました。

悲しくて、悔しくて、歯がゆくて、…ふと携帯の画面から目を反らすと寝ている我が子の顔。

自分の幸せな今、当たり前なことへの感謝、色々な感情が入り交じっていました。

そして、私が今、やりたかったこと、やるべきこと、はっとしました。

私たちは何をすべきなのか、今ここに生きていることの意味。

放射能の恐ろしさを理解し、そして日々行動に移している人はどれ程いるのでしょうか。

子どものために、地球の未来のために動いている人は、意識している人は…

そんなことを考えながら、私がエッセンシャルオイルを使い始めた時の事を思い出しました。

そして、今やることは、たくさんの人に情報を得てもらうことなのだと!

私がエッセンシャルオイルを使い始めたワケ

今、私たちをとりまく環境は、「有害物質」と言われるものが数多く存在します。

電磁波、添加物、排気ガス、工場廃棄物、化学物質、そして放射能、

もっと細かく挙げればキリがありません。

身体の中に取り入れない、ことは山の奥地とか、自然溢れる環境に身を置かない限り、

東京に住んでいる私には到底難しい話です。

特に放射能は、マスコミが取り沙汰しないだけで、実は東京も危険区域です。

子どもを産む前は、夫婦の実家のある熊本か岐阜へ帰り、

空気が澄んでいる土地で子育てをすることをイメージしていました。

でも、夫婦で話し合った結果、東京で住むことを選択しました。

ただ、その選択をするにあたり、決め手となったのは、

doTERRAのエッセンシャルオイルとミネラルの存在でした。

これらに出逢わなければ、九州へ帰ることを選択していた可能性は高いです。

私がエッセンシャルオイルに出逢った時、超の付く健康オタクと周りからは言われる程、

とてもストイックな健康生活を送っていました。

無農薬や自然栽培の野菜、調味料も昔ながらの手作りとこだわり抜いたもの、

お肉は食べない、外食はしない、自分で作ったものしか食べない、母親が食べる手料理すら、

調味料に添加物が入っているものを使っていたら食べる事はしませんでした。

外食するとしたら、オーガニックのお店でしか食べない。

日用品も自分の目で見て、確かな物のみ使っていく。他のものは一切受け付けない。

そんな生活。。。

今思うと、すっげぇ生きにくそう!って感じですが・・・(;’∀’)

そんな生活を東京で送っていたんです。

ちょうど、震災があった時期ですね。

その頃は、全てのものが信じられなくて、自分の目で確かめて、情報を常に求めていました。

その時は特に「放射能」を防ぐための最善策としての行動を選択して生きていました。

無力な自分に何が出来るのだろうか、
自分の身体、大切な家族や友達の身体、そして、いつか自分が結婚して授かるであろう子どもの身体、何を私が選択をすることが、人間、ひいては地球にとってベストなのだろうか、そんなことばかり考えていました。

そして月日は流れ、

ちょうど震災から2年程経過した頃、doTERRAのエッセンシャルオイルに出逢ったのです。

エッセンシャルオイルを使い始めた決め手!

主人とまだ付き合う前の友人の時、私がそれだけ気を付けていることを知っていた彼から

「飲めるアロマ知っている?お薬を飲む前に自分の身体をケア出来るよ。」と。

男でアロマで、何だか怪しい…と初めは半信半疑でしたが(笑)

主人は元々健康や環境についてのジャーナリストをやっていたこと、彼にdoTERRAをご紹介した、先輩ご夫婦がとても信頼のおける方だったこと、

また、エッセンシャルオイルの
香り、身体へ付けた時の心地良さ、常に自分が自然と一体化している感覚があり、
人、製品において信用はおけました。

そして、その時私が氣に掛けていた、「放射能」や「添加物」についてオイルが有効に働くことを教えていただけたことが、エッセンシャルオイルを使い始める決め手となりました!

では、どの様な効果効能があるのかを、ご紹介いたします!
※今回は放射能についての記事なので、添加物はまたの機会にお伝えします。

また実践されていない方は、他人事と思わず、自分事として捉え実践なさってください!

エッセンシャルオイルが放射能に有効?!

エッセンシャルオイルには、大きく分けて3つの作用があります。

① 抗酸化作用
② 抗菌作用
③   抗炎症作用

「放射能」が身体へどの様な影響をもたらしているのかご存知ですか?

放射能を身体が受けると「活性酸素」を発生させます。

直接作用と間接作用があります。

直接作用というのは、放射線がDNAや細胞膜などの生体分子に直接当たって傷つける作用のこと。

放射線が生体分子から電子を奪い、酸化させてしまいます。酸化の連鎖反応、つまり、フリーラジカルの連鎖反応が起こります。

間接作用というのは、放射線によって体内で発生した活性酸素による酸化障害のこと。

私たちの身体の約7割は水で構成されています。

身体の中に放射線が入り、この水の分子に当たると、電離を起こして水を分解します。

こうしてできた水の分解物が活性酸素となります。

そしてその活性酸素が身体の水の中を通って、間接的にDNAや細胞膜を酸化して傷つけてしまうのです。

活性酸素が発生すると、細胞が死滅したり、DNA(遺伝子)が壊され、甲状腺ガン、白血病、リンパ腫や乳ガン、また精神にも影響をもたらすと言われています。

そこで…お氣づきの方も多いはず!

前述した、エッセンシャルオイルの抗酸化作用が、身体へ有効的に働いてくれるのです!

エッセンシャルオイルの使い方

特にオススメなのがペパーミントと言われています。

ある実験結果があります。

放射線に汚染されたラット数匹を2つのグループに分け、

一方にはペパーミントをディフューズ、もう一方はそのままにしていたところ、

ディフューズしていた方のラットの生存率が高かった、

というお話でした。

原理を調べると…

“放射線被害”の問題となっている種類が、α線β線γ線x線中性子線です。

ペパーミントはこの中のγ線に対して有力なのだそうです。

また、γ線のダメージによってできた細胞内の酸化した脂肪や、腐った脂肪を減らす働きもあるということでした。

その他にも、先日ご紹介したミネラルを摂取することも一つの方法です!
(ここも書くと長くなるので、また後日…)

また、「放射能対策に毎日出来るセルフケア」として、
doTERRAを日本へ伝えて下さった、小川りよさんのケア方法をご紹介します。

・フランキンセンスを使う

・パチュリを甲状腺の部分に塗布

・レモン・グレープフルーツ・オレンジ・スマート&サシーを1日20滴ほど内服

・ティートリーを塗布

・オンガードで身体をサポート

・ミネラルやDDRなどサプリメントをしっかり摂取する

健康は一日にしてならず、ウェルネスライフスタイルの大切さ

私は、上記の事を意識し、常日頃から、自分に家族に沢山エッセンシャルオイルを塗布したり飲んで使っています。

ただ、エッセンシャルオイルを毎日使っているから大丈夫と過信し、

食事を加工品で済ませ、運動もせずゴロゴロしていたり…としているのでは効果は表れにくいです。

基本的に食事を意識し、運動を行い、適度に身体を休め、そして有害物質を取り込まない、取り込んだら外に出す!

この事を意識すると、自然と身体、そして心のバランスが取れてきます。

正に、こちら!!doTERRAが推奨する

「ウェルネスライフスタイル」の実践です!!

ちなみに食事についてお伝えすると、玄米、味噌や醤油などの発酵食品が効果的です!

講座でより詳しいことはお話ししていますので、ご興味ある方はご連絡ください。

情報を得て、実践するのかしないのか、それはその人それぞれの考えによります。

ただ、何らかの情報を知ることで、その人の変わるきっかけになるかもしれない!

私はそう信じて、情報を発信、お伝えしています。

一家に一人のホームドクターがいることが、
子どもの未来を輝かせ、家族の幸せを守り、地球への恩返しに繋がると信じて…♡

お読みいただきありがとうございました!!!


☆今後の講座の予定☆
●10月
10/15(土)熊本市内 16時半~はじめてのアロマライフ講座 満席
          19時半~アロマタッチ体験会 満席
10/21(土)熊本市内 10時~はじめてのアロマライフ講座 残席あり
10/22(日)福岡市内 10時~カタログレッスン 残席あり
10/25(水)神奈川県新羽 12時~はじめてのアロマライフ講座 残席あり
10/27(金)東京都新宿区 13時~ベビーアロママッサージ&マネーセミナー 残席あり
 
●11月
11/5 (日)神奈川県鶴見 パワーフード料理講座 残席あり
11/11(土)福岡市内 はじめてのアロマライフ講座 残席あり
11/12(日)熊本市内 はじめてのアロマライフ講座 残席あり

↓↓↓お問合せはコチラから↓↓↓
natural.life.0404@gmail.com

アロマライフスタイリスト

アロママ 桐山香代子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク